工場の仕事って簡単!?どんな内容の仕事なの?


工場の仕事ってどんなのがあるの?

仕事を探していると、募集要項だけではなかなかわからない仕事が多いと思います。実際に働いてみると、イメージと違うことも多くあります。なので今回は、工場の仕事について紹介していきます。工場の仕事と言っても様々な種類があります。まず、軽作業で募集されているものは、当日決まったレーンに立たされて、箱に物を詰めていく作業が多いです。個数を間違えない、商品を傷つけない繊細な作業になります。次に、検品作業ですが、これは商品に不備がないか確認していく作業です。詰める作業と違って1個ずつ見ていくので目がいい人に向いています。最後に食品系の工場ですが、この2つとは違うのがなにより清潔感が重要です。主にリストをみて番号が合っている郵送物を段ボールに詰めていきます。

工場で働くのが向いている人、向いていない人

食品以外の工場は、冷房が無いか全く効いていないためとても暑く、真夏は室温が異常なほど上がります。炎天下の外がとても涼しいと感じられることもあります。なので、暑さに耐えられる人が向いています。また、1日中同じ作業をするので、1つのことを黙々とするのが好きな人に向いています。向いていない人は、基本的に作業はとにかく早いスピードで行わなければいけないため、マイペースだったり手が遅い人には向きません。フォークリフトが走っている事もあり、ボーッと歩いていると怪我をする可能性もあるので注意力が散漫な人も向いていないです。しかし、決まった時間に休憩がとれること、残業がほとんど無いことが、他の仕事に比べると工場の仕事の最大のメリットなので残業が嫌な人には向いています。

仕事選びで失敗しないためには、仕事探しのポイントを押さえることが重要です。自分の性格や特性に合致する仕事かどうかを常に考えつつ、仕事を選ぶことが重要なポイントとなります。