求人の管理が大変?人材管理システムを使おう!


複数の求人を出していると管理が大変

必要な人材を獲得するためには募集する人材に応じて個々に求人を作成することが欠かせません。同時に数種類の職種の人材を探そうということになると管理が大変になってしまうことがよくあります。応募書類が来たときにはどの求人に対する応募なのかを分類しなければなりません。その求人について進行している選考がある場合には、その進捗状況に応じて書類選考を進めるべきかどうかを判断する必要もあります。また、個々の求人に応じて選考を担当する人も違う場合が多く、担当者のスケジュール管理をすることも重要です。複数の求人を出しているとわけがわからなくなってしまうケースもありますが、どう対策したら良いのでしょうか。

人材管理システムを運用しよう

このような求人管理の問題を解決するのに役立つのが人材管理システムです。求人管理に特化したシステムもありますが、人材管理と合わせて行えるシステムを使うことで効率的な管理体制を整えることができます。人材管理システムが優れているのは登録されている人のスケジュール管理をすることができる点で、面接担当者のスケジュールを一元管理することが可能です。

応募についてもシステム上で受け付ける形を整えられます。オンラインフォームから応募してもらうことで自動的に求人と応募者が紐付けされるのです。また、応募者の面接希望をシステム上で登録できるようにも設定できるため、希望に応じて予約を入れてもらう仕組みにすれば業務負担も軽減されます。

ネットワークエンジニアは、ネットワークの構築やネットワークの監視と運用そしてネットワークの設計が主な仕事です。